おばあさんの占い

私の兄は私と性格が全く違っていて、占いを信じないのですが、その兄が当たるという占い師がいることを知って、私も見てもらおうと思って、兄からその人の連絡先と住所を聞きました。
電話で予約を入れて、兄からお礼は2000円でいいと言われていたので、封筒に2000円入れて持って行きました。
その人はおばあさんで、私を見るなり、私の魂の位は神様の次くらいに高い、ということでした。
似たようなことを以前にも言われたことがあったので、それほど驚きませんでしたが、前世がわかるということで見てもらったら、前世は全部男で、今世が初めての女だということでした。それに、一度だけ僧侶だったことがあって、他は武将だったということで、刀を振り回して戦っているところが見えるということでした。
それで、私のあだ名が「将軍」だったこともあって、興味深いなと思いました。
それに、何かというと「男らしい」という褒め言葉を言われることがあって、前世が全部男だったということも、なんとなく信じられるな、と思いました。
その占い師によると、2年間は動かないことが大事ということでした。焦っても何もいいことがないので、ゆっくりすることだと言われました。
その人によると、私くらい魂の位の高い人は珍しいということで、とても好かれてしまいました。
占いについては半信半疑ですが、いいことは信じようと思いました。男っぽいところがあるのは前世が全部男だったからだと思うことにしました。

占いって当てずっぽうだと思っていませんか?

当たるも八卦、当たらぬも八卦。これって占いを受ける際によく言われる言葉です。要は、当たるのか当たらないのかよく分からないということですよね。だからではないですが、日本における占いの位置付けって結構微妙なところにあり、あくまでも気休め程度に見てもらうという風潮が強いのではないでしょうか。確かにそういった認識でいれば、外れた際にも怒りは少なくて済みますし、そんなものだからと納得をすることが出来ますからね。
しかし一歩外へ出て諸外国へ目を向けてみると、意外なほどに占いの地位が高いので、そのギャップに驚かされることがあります。特に中国などは、生年月日を明かすと占いで色々と分かってしまうということで、自身の生年月日を明かすことにかなり警戒をする人もいるそうです。
しかし、それは未開の地の信仰に近い畏怖の念ではないんですよ。実際にかなりの精度で当たる占いが存在するそうなんです。と言っても、オカルトの類の話ではありません。この理由は、ズバリ統計学なんです。
占いとは、膨大なサンプルの上に成り立っていると言っても過言ではありません。その膨大な数の母数を統計的に見ていくと、ある傾向があぶりだされてくるというわけです。その結果、いくつかの手掛かりや共通項が見つかれば、過去のサンプルと照らし合わせながらおおよその方向性が見えてくるというわけですね。
そうなると、精度の高い占いとは統計学に基づいた消去法であるとも言えます。なので、占いは決して当てずっぽうなものでは無いということになるわけですね。

思念伝達は本当に誰でもできる!

私が思念伝達を試してみたのは、彼氏と喧嘩をした時でした。喧嘩の原因はもう忘れてしまったくらい些細なものでしたが、私が怒ったのに彼はなかなか謝らず、怒りが収まってからも気まずい関係が続いていました。
どうにかして彼と連絡を取りたい。でも、自分から連絡するのはなんだか癪にさわる…。そんな風に考えていた時、思念伝達という方法を知ったのです。思念伝達とは、簡単に言えば自分の思っていることを相手の心にダイレクトに伝えるというものです。最初は半信半疑でしたが、藁にもすがる思いで試してみることにしたのです。
やり方は、自分の部屋など落ち着ける場所で精神統一し、相手のことを思い浮かべます。そして、相手が本当に目の前にいるように感じられたら、伝えたいことを強く思います。相手から何かしらのレスポンスがあれば、それは成功ということです。実際に試してみると、けっこうな集中力が必要だというのがわかりました。相手が目の前にいるように感じられるまで思う、というのはなかなか難しいものです。私の場合、時間にしたら30分くらいは集中していました。やっと彼が感じられるようになり、自分は怒っていない、ただ一言謝ってほしいだけ、と必死に伝えたのです。そして彼の方から何か温かい空気?が流れてきたように感じられたので、その時はやめました。そうしたら、5分もしないうちに彼から電話が来たのです。
思念伝達なんて嘘だと思っていました。しかし、実際は集中できるならば誰にでも簡単にできる方法なのです。

もう一度出逢いたいと思っている占い師さん

10年前の私は離婚の悩みで八方ふさがりの状態でした。突然ポロポロと涙が溢れてきたり、急に怒ったり、情緒不安定の言葉がピッタリな女性だったと思います。
そんな時にフッと出掛けたデパートで出逢ったのが、今でも忘れられない占い師さんです。
デパートのイベントだったのですが色んな場所から占い師さんが集まっていてその中からお願いしたい人を選んで占ってもらう、そんな感じでした。
それまでも数々の占い師さんに見てもらっていましたが、正直あまりピンと来る方がいませんでした。だから特別興味があった訳ではないのですが、何だか占ってもらわなくちゃという気持ちになり申しみました。
私が選んだのは50代位の女性でメガネをかけていて、10名以上いる中からどうしてその方を選んだのかはわからないのですが、直感でこの人と感じました。
少し待ってから占ってもらったのですが、私と別れた夫の生年月日などを伝えるとビシバシ当ててしまったのです。
その頃悩んでいた離婚の事は、あなたはあなたらしく1人で生きていった方が良いと言われました。離婚しようと思っていた理由は夫の両親の金銭トラブルが酷く自分達に迷惑がかかる、でも夫は何もしない事だったので、それを伝えると「この男性は親とは離れられない人、そしてとっても弱い人」と核心をついて説明を受けました。
手を握りながら話してくれるので、私は人目を気にせずポロポロと涙が溢れてきたのを今でも思い出します。
結果的には離婚を決めたのですが、自分が自分でいられなかった時期にあの占いさんに逢えた事は幸せだったと思います。
遠くから来られていたのでもう占ってもらう事は出来ないですが、本当に感謝しています。

人に相談しづらいことを相談できるのが占い

誰にも相談できない不倫について、占いの先生に相談してみました。他の相談は誰かにできますが、不倫については誰にでも相談できずに苦しくて、電話占いをすることにしました。電話占いの先生にはなんでも話すことができます。しかも不倫をしている時はみんなに責められると思うのですが、先生は責めたりしません。むしろ応援してくれて、すごく嬉しくて涙がでました。

鑑定結果を聞く時は非常にドキドキしますが、聞くと納得できますし毎回満足することができます。誰にも言えないことを相談できるのが、占いの良いところだと思います。占いって私にとってはすごく心強いものです。占いって血液型占いのように単純なものから、占い師にお金を払って相談するものまでたくさんありますよね。私は星座占いのような単純な占いを見ることも好きです。

無料占いってありますが、あまり信じることができません。有料でもきちんと占ってもらうようにしています。遊び半分で占うなら無料でもよいと思いますが。占い師の数や占いの方法ってたくさんありますが、その中から自分が納得できるものを見つけると良いと思います。電話占いって顔が見えないので話しやすいんですよね。悩んでいることってなかなか人に相談することってできませんし、ありがたいです。

人気の先生ってすごく忙しいのでなかなか電話がつながらなかったり、予約が取りづらいことはデメリットですが、鑑定してもらうと必ず当たるので仕方ありません。

占い師について

みなさんは占い師についてどういう風に思いますでしょうか?
きっと多くの女性は占い師の占いについて興味本位で受けているという人が多いと思います。

ですから、占い師の占いが本当に当たるかどうかというよりも占い師の占いを受ける事自体に大きな価値を見出しています。

では、多くの女性は別に占いが当たろうが当たるまいが全く気にしていないのかというと、
そういう事はないです。やはり占いを受ける事でどういう占い結果が出るかという事も
着にはしています。

でないと、せっかく占いを受けても意味がないからです。なのでこれまで占い師の占いを受けてきたという方は内心はそこまで占いを信じてはいなくても占い結果を期待しているのは事実です。

ですから、占い師の占いを受けてその占い結果に真剣に悩んだり心の底から喜ぶという事はないと思いますが、それでもどういう占い結果がでるのかは多くの人が大きな関心を持っています。

それぐらい、占い師の占いに大きな関心があるのは確かという事です。ですから望まない占い結果が出た時はただの占いだと思いますし、良い占い結果が出たらその占い結果からこれから良い事がある事を期待してしまうのです。

それ自体は全然不思議な事ではなく悪い占いは信じなくて良い占いを信じるのは人間のの心理として普通の事です。またそれで精神のバランスを取る事が出来るので占い師の占いを受けても完全に占い結果を真に受けないという事です。

それが自然な反応だと思います。